自動的にこちらへ転送されます→http://tousleshommes.hatenablog.com/
記事は全部移行してありますがトップページに飛んでしまうので、検索バーから検索してください

移転しました。

今春からようやく会社でレガシーコード改善ガイドを使って勉強会をするようになった(やっと…!)のでちょっと古いエントリを再掲しておく。

「テストを書けばよいのでは?」の一言がためらわれる時もある

整然とし、秩序だった美しい世界を構築する人がいた。設計もコードも、リファクタリングする指針でさえも一貫したポリシーを持って行われていることが、経験のない僕にもよくわかった。たしかに彼が手を入れた部分は美しかった。でもその周りには広大な廃墟とスラムが存在していたのだ。古い、改修しながら使っているライブラリはすでに原型をとどめていない。彼はすこしずつ手直しをしてすこしずつ改善していたけれども、ライブラリには手をつける暇もなく去っていった。広大なスラムだけが残った*1

しばらくそこを離れていた僕がもどってきたとき、最初の仕事はコードレビューだった。かの整然とした世界を構築できる人の代わりにしては僕はあまりにも物事を知らなさすぎるが、それでも何百分の一かの貢献は期待されている。
似たようなコードをそのままコピーして新しいメソッドにしている部分を目にして僕は、同じ処理を抽出してメソッド化したらよいのではないかというレビューをしたが、担当者はスラム化したライブラリがうまく動かなくなるのを怖がってその指摘を受け入れなかった。ライブラリにはもちろんテストがない。クラス関係も複雑で、設計書も仕様書もない。そのコードは関連会社から譲り受けたものだから構築した人もいない。そして、設計ができずスキルの低い僕は自信がなかった。それでもやるべきだとは言えなかった。

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

レガシーコード改善ガイド (Object Oriented SELECTION)

「レガシーコード改善ガイド」を読み始めた。

序文からしてすでに涙目である。
自分のコードがひどいのは前から分かっているし、なにもひどさに涙しているわけではない。

僕はコードが書けない。知識はあっても、簡単なプログラミングができても、僕はコードを書けないと思っている。自信がないのだ。自分が作るものが本当に意図したとおりに動くのか、わからない。作れば作るほど発散し、自分でも構造がつかめなくなっていくことを知っているから怖いのだ。誰かが作ったコードを正確に読み取り、その動作がなんの機能に当たるのか、わかっているつもりになっている気がする。そして僕は変更しない方向を選んでしまう。「できるだけ変更せずにとっておいて新たに書き加える」。その繰り返しが膨大な二度と使わないメソッドとクラスのゴミの山を積み上げることになると知っているのに。

きれいなコードは有益ですが、それだけでは不十分です。テストなしに大規模な変更をしようとすると、チームは危険な賭けに出ることになります。転落防止の網を張らずに空中ブランコをするようなものです。とてつもないスキルが必要であり、ステップごとに何が起きる可能性があるかをきちんと把握しておかなければなりません。
(中略)
ここまで、テストについてかなりたくさん書いてきましたが、本書はテストについて解説している本ではありません。どんなコードでも自信を持って変更できるようにするための本です。本分の各章では、コードを理解し、テストで保護し、リファクタリングし、機能を追加するための手法について説明しています。

はじめ、単体テストを書くのは嫌いだった。面倒でしょうがなかった。でもモックオブジェクトに出会って以来、僕は単体テスト職人になりたいとすら思うようになっている。モックオブジェクトで依存関係を切り、仕様書をにらみ、設計書と照らし合わせながら一つずつテストケースを組み立て、そのテストはどうやってすべきか頭をひねる作業は単純に楽しいというのもある。でもそれよりも効率よくそのメソッドが、クラスが、何を意図しているのか、そしてどういう振る舞いをするのか頭の中に自信を持って組み立てていくことができるということの方が大きい。自分の行った変更が問題なかった、ほかの部分を壊していないと自信を持って言えることの方が大きい。
向かう対象が大きく複雑で汚いほどその作業は楽しいことを僕は知っている。そうやって少しずつ設計とは何かを理解できるようになる。仕様として出てくる機能の背景が気になるようになる。

きっとこれから10年、幸運にも開発者でいられたとしてもきっと僕は整然として矛盾も無駄もない世界を構築することはできないだろう。でも、その世界を理解するための道具はある。始めから終りまで迷うことなく出力することはできなかったとしても、地道にゆっくりと這い寄ることはできる。大きな手術を施すことになったとしても、正してゆくことはできる。たとえスキルが高くなくても、美しい世界を保守することはできるのだ。

*1:廃墟は破棄された。